アルカリの善悪と残留アルカリ


ダメージの原因のアルカリですがこれが無いとキレイに染まりません。


良い点と悪い点を整理してみました。


<良い点>
カラーの浸透、発色を助けて染まりを良くする。


均一な染まりを助けて透明感や深みを演出する。

<悪い点>
必要以上のアルカリは髪のタンパク質を破壊、流出させる。


キューティクルをリフトさせて手触りを悪くする。


残留アルカリが髪のダメージを進行させる。

 



アルカリというのは髪に薬剤の通り道を造ります。

 

しかしアルカリは道を造る事しか出来ないので、この道が残っているとせっかくキレイになったカラーや髪のタンパク質も
シャンプーのたびにこの道を通って出て行ってしまいます。

しかもアルカリは髪に残留している限りすこしづつ道を広げてしまいます。

その為に「アルカリ除去」は絶対必要なんです。

また、髪に必要最低限の通り道を造るのであればトリートメントなどで簡単に修復可能ですが、多量のアルカリで無理にこじ開けてしまった道は簡単に修復する事は出来ません。

市販品の大量のアルカリを髪に残留させたままにすると、知らず知らずのうちにどんどんダメージが進行してしまうのです。

怖いですよね。


糟屋郡志免町南里の美容室soara(ソアラ)